オーストラリア記事

【オーストラリアワーホリ】銀歯が取れてオーストラリアで歯医者に行った話

こんにちは、現在オーストラリアにあるバンダーバーグにてファーム中のリサ@xxx_rxsです。

よくワーホリに行く前に【歯の治療は必ず終わらせておく】と言うことを耳にすることが多いと思います。なぜならオーストラリアの歯科治療は保険が効かずめっちゃ高い事で有名。

勿論私もワーホリ前に入念にチェックをしてから来ましたが、タイトルにもあるように【銀歯が取れました】

友人がくれたチューイングガムを噛んでいたらポロっと取れました…

万全の状態にしていたにも関わらず、チューイングガムごときで歯が取れたときの悲しみったらないですよね。

今回は、もしワーホリ中に歯が取れてしまったらどうしたら良いのか実体験を元にお伝えしていきます。

 

ちなみに行くか悩んでツイッターで相談したら

このような結果、意外と耐えるに票が入っていました。

でもやっぱり虫歯があったりとか心配なのでね…うん、高いけどね...。

オーストラリアの歯医者は診察料がかかる

私が住んでいるバンダバーグはファームの街ですが、ど田舎!という程ではないので何件か歯医者さんがありました。

値段の心配もあり、友人と相談してまずは金額が幾らくらいになるかだけ聞いてみようという作戦になりました。

一番近場の歯医者に相談しに行ったところ

受付
受付
相談(診察)料だけで$85(約6300円)かかるよ

とのこと、日本で言う初診料みたいなもんですかね。それにしても高い。

治療にいくらかかるか聞いたところ$200〜300(約22,000円)くらいかな〜との回答。覚悟していたがやっぱり高いんですねえ、日本の保険のありがたみよ

近くに他の歯医者さんもあったので一応そちらも連絡したところ、もう一軒の方は診察料は$46とのこと。

場所によって診察料(Oral Examination)は違うみたいです。

診察料が安い+受付のお姉さんが優しかった

と言う理由で二軒目に相談した歯医者さんで一週間後に予約を取りました。

ネットで色々調べるとオーストラリアには銀歯と言う習慣が無いらしく、このような場合セラミックなどで対応してくれるので、値段も高くなるらしい。

 

因みに私が加入していた保険では虫歯はカバーしてくれるけど、インレイ(歯の詰め物)は対応不可とのことでした。

治療

予約当日、念の為取れた銀歯も持参

 

受付を済ますと問診票的なもので色々質問されます。アレルギーの有無や薬の使用はあるかなど。英語に関しては一緒に付き添ってくれたKくんに通訳を頼んだので事なきを得ました(もっと英語勉強しないとね…)

優しそうなオージーの先生に歯の事情を説明

銀歯を持ってきた旨を伝えると、一通り歯を見て虫歯なども無かった為

OK!じゃあ今回は持ってきた銀歯をはめるね〜値段は$140だよ

との事、思っていたより安くて安心しました。

因みに新しくインレイにする場合は$240だよ〜との事でした。

もし銀歯が取れてしまったら、しっかり保存しておくと良さそうです!

治療中にサングラスをかける以外日本と違う点は特にありませんでした。

治療も15分程で終了

無事元通り〜

まとめ

値段の内訳は

診察料$46+Recementing of Inlay $94=$140でした。

歯を万全の状態でワーホリに来ても予期せぬトラブルで歯医者さんのお世話になることもあるので、そうなった時の参考になれば幸いです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です